トリゴニアについて

軟体動物門二枚貝綱

トリゴニア科トリゴニア属

その形状から三角貝と呼ばれる、

ジュラ紀から白亜紀に栄え、

現在まで生息している二枚貝です。

ラテン語で「3」を表すTri 

「角」を表すGoniaからTrigoniaと

名づけられました。

暖かい海岸の浅い砂地を好み、

殻は非常に厚く、

内側は真珠層が発達しています。

現在もオーストラリア近海に

ネオトリゴニアと呼ばれる数種が生息しており、

オウムガイと並び、

「生きる化石」とも呼ばれています。


Recent Posts
Archive